転職ノウハウ

採用されない人の特徴は?仕事が決まらない時に取るべき5つの行動!

採用されない人の特徴は?仕事が決まらない時に取るべき5つの行動!アイキャッチ

 

仕事が全然決まらない
転職って意外と難しい
仕事が決まらなくて転職できるか不安

 

このような悩みを解決していきます。

 

かなそー

この記事を書いている僕も、2度の転職経験があります。

 

 本記事の内容

  • 仕事が決まらない人の5つの特徴
  • 仕事が決まらない時に取るべき5つの行動
  • 仕事が決まらない時に不安を溜め込むのはNG

 

今回は仕事が決まらない人の5つの特徴について解説していきます。

 

かなそー

この記事を読むことで、仕事が決まらない時に取るべき5つの行動が分かりますよ。

 

仕事が決まらない人の5つの特徴

仕事が決まらない人の5つの特徴

 

仕事が決まらない人の5つの特徴について解説していきます。

 

 仕事が決まらない人の5つの特徴

  • 仕事へのやる気が感じられない
  • 転職する目的が決まっていない
  • 企業分析が甘い
  • 転職に求める理想が高すぎる
  • 面接対策が甘い

 

仕事へのやる気が感じられない

1つ目は、仕事へのやる気が感じられないことです。

 

当然ですが、どんな職場であっても仕事をしたくない人は採用しません。

 

仕事へのモチベーションが低い場合には、言われたことだけの最低限の業務内容だけしかしない傾向があります。

 

指示待ちでしか行動できない人は、採用しても会社への貢献度が低いと見られます。

 

かなそー

同じ給料を払うなら、貢献度の高い人を採用したと考えるので仕方がないでしょう。

 

転職する目的が決まっていない

2つ目は、転職する目的が決まっていないことです。

 

なぜ転職するのか」が自分の中ですら明確になっていない場合には、面接までいったとしても発言に一貫性がなく採用をされません。

 

何でもいいからとりあえず採用されたい」「給料さえもらえればいい」などの考えの人は、面接の中でバレます。

 

また、転職する目的が明確になっていない・ブレブレな場合には、採用後に早期退職する恐れがあります。

 

かなそー

「なぜ転職したいのか」は転職活動を始める段階で明確にすべき最低条件です。

 

参考


自己分析について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
転職の成功率が上がる!転職活動に役立つ自己分析をやり方を徹底解説

 

企業分析が甘い

3つ目は、企業分析が甘いことです。

 

エントリーする企業に対して、求人情報の雇用条件やホームページの情報を少し見た程度では情報収集としては不十分です。

 

企業分析を面倒に感じ、適当に済ませてしまうと面接で志望動機や自己PRででバレてしまいす。

 

企業としては、「なぜ入社したいのか」「入社した何をしたいのか」など点から、入社に対する本気度を確かめています。

 

かなそー

企業分析が甘いとミスマッチが起こりやすいため、エントリーする以上企業分析は時間をかけて行うべきです。

 

参考


企業分析の方法について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
転職する時も企業分析は必要?やり方と押さえるべきポイントを解説!

 

転職に求める理想が高すぎる

4つ目は、転職に対する理想が高すぎることです。

 

転職をする時に、前職の不満を全て解決しようとしてしまいがちです。

 

ですが、次の転職先で全ての悩みや要望を叶えることはほぼ不可能でしょう。

 

また、転職に対する理想が高くなるどエントリーできる企業数も必然的に減ってしまいます。

 

かなそー

エントリーできる企業数が減るにつれて、転職の難易度を上げることになるので注意しましょう。

 

参考


転職活動を始める前にやるべき準備について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
正しい転職活動の事前準備|正しいやり方と事前準備が大切な理由

 

面接対策が甘い

5つ目は、面接対策が甘いことです。

 

転職活動をその場のノリで誤魔化そうとしても、うまくいかないのは当然です。

 

事前の準備がなければ、面接官を納得させる受け答えはできませんし印象にも残らず不採用になるのが当たり前でしょう。

 

場合によっては、書類選考の段階で落とされるので、合否をを待っているのは正直時間の無駄になります。

 

かなそー

転職を本気で考えているのであれば、最低限できる範囲での準備は抜かりなく行うべきでしょう。

 

参考


転職活動の面接を突破するコツについて詳しく解説しているので、チェックして見てください。
転職活動の面接を突破するコツ!面接の進み方と覚えておくべきマナー

 

仕事が決まらない時に取るべき5つの行動

仕事が決まらない時に取るべき5つの行動

 

仕事が決まらない時に取るべき5つの行動について解説していきます。

 

 仕事が決まらない時に取るべき5つの行動

  • 自己分析を行う
  • 転職の目的を明確にする
  • 企業について調べ尽くす
  • 理想を求めすぎない
  • 転職エージェントを利用する

 

自己分析を行う

1つ目は、自己分析を行うことです。

 

転職先を絞る上で、まずは自分自身の適性や価値観を整理してみましょう。

 

今までの経験から自分の適性や価値観はなんとなく把握しているはずです。

 

しかし、思っているよりも向いていることや気づかなかった価値観が実はあります。

 

自分自身でも気づいていない可能性を発見し、本当の意味でやりたいことを選択するためにも自己分析は大切です。

 

 転職活動に役立つ自己分析ツール

 

かなそー

無料で利用できる自己分析ツールばかりなので、ぜひ利用して改めに自分自身の理解を深めてみましょう。

 

参考


自己分析の方法について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
転職の成功率が上がる!転職活動に役立つ自己分析をやり方を徹底解説

 

転職の目的を明確にする

2つ目は、転職の目的を明確にすることです。

 

転職活動を進める上で、転職をする目的を具体的にイメージできているか思い返して見ましょう。

 

もしもイメージできていない場合には、転職の目的を自分なりに考えることが必要です。

 

転職の目的が見えてくると、転職先を絞る時の指針になり企業選びがしやすくなります。

 

転職の目的が見えていないままだと、なんとなくで絞った企業に無作為にエントリーしていくため内定がもらえることはほとんどないでしょう。

 

仮にもらえたとしても、入社後に「なんか思っていたのと違った」「やっぱり他の仕事をしたい」など後悔してしまいます。

 

かなそー

転職で後悔しないためにも「なぜ転職するのか」を明確にしておきましょう。

 

企業について調べ尽くす

3つ目は、企業について調べ尽くすことです。

 

入社したいと思っている企業について、面接の時点で意外と調べていないことが多いのではないでしょうか。

 

入社への熱意を伝える上で事業内容や経営理念の把握は必須です。

 

企業への理解度を深めることで入社後のビジョンが見え、志望動機や自己PRが説得力のある内容になります。

 

入社意欲が伝わる志望動機や自己PRが準備できていると、内定の可能性を一気に高められます。

 

かなそー

企業への理解度を高めることはミスマッチのリスクも減らしてくれます。

 

参考


企業分析の方法について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
転職する時も企業分析は必要?やり方と押さえるべきポイントを解説!

 

理想を求めすぎない

4つ目は、理想を求めすぎないことです。

 

仕事探しをする上で、叶えたい条件が多くなってしまうことはよくあります。

 

ですが、全ての条件を叶えようとしても正直叶いません

 

また、条件を絞りすぎてしまうとエントリーできる企業数が限定的になります。

 

そもそものエントリー数が減ってしまうと、自分で転職の難易度を上げることになります。

 

なので、仕事探しにおける希望条件の中で優先順位妥協できるポイントを決めておきましょう。

 

かなそー

雇用条件だけでなく仕事内容も踏まえて希望条件をピックアップしておきましょう。

 

転職エージェントを利用する

5つ目は、転職エージェントを利用することです。

 

仕事がなかなか決まらない時には、不安な気持ちでいっぱいになります。

 

仕事探しに対する悩み相談やアドバイスは、転職のプロである転職エージェントであれば的確な回答をすることができます。

 

転職エージェントを悩み相談で利用するものOKですが、キャリアプラン見直しや求人の紹介なども対応可能です。

 

仕事探しに関する相談ができる相手を作っておくと、都度不安なことや悩みを相談しやすい環境ができ仕事探しに関するストレスを軽減できます。

 

かなそー

転職エージェントでは面接対策もやってくれるので、面接に関する相談にものってくれます。

 

 

仕事が決まらない時に不安を溜め込むのはNG

仕事が決まらない時に不安を溜め込むのはNG

 

仕事が決まらない時に不安を溜め込むのはNGです。

 

思うように仕事が決まらないと、気持ちが沈んでしまいます。

 

自分はどの会社にも必要とされないない」「転職活動を続けても決まらないかも」などと、マイナスなことばかり考えてしまうでしょう。

 

ですが、転職活動を初めてすぐ内定が出るのは、事前の準備の余念がなくよっぽど輝かしい経歴を持っている人です。

 

大抵の人は思うように結果が出ない中でも諦めずに転職活動を継続した結果、内定をもらって無事に転職を成功させています。

 

かなそー

転職先が決まらない自分を責める必要はありません。

 

最悪なのは途中で転職を諦めて今の職場に妥協して残ることです。

 

妥協で選択したことは今後きっと後悔します

 

なので、抱えている不安や悩みはこまめに発散して、転職を成功させましょう。

 

かなそー

身近に相談できる相手がいない場合には転職エージェントを相談先として利用してみることをオススメします。

 

参考


転職活動の正しいやり方について詳しく解説しているので、チェックして見てください。
正しい転職活動のやり方を解説!転職成功までの転職の進め方が分かる

 

まとめ:仕事が決まらない時ほど焦りは禁物

仕事が決まらない時ほど焦りは禁物

 

仕事が決まらない時ほど焦りは禁物です。

 

仕事が決まらない時ほど仕事を決めることだけに執着し、焦って判断を誤ってしまいます。

 

本来の目的を見失って仕事を決めることだけしか考えていない転職早期退職の原因になります。

 

転職する本来の目的をもう一度思い返して仕事選びを行いましょう。

 

焦りから妥協で仕事を決めて後から後悔する」のは仕事探しを行う上で最悪なパターンです。

 

自分自身が納得して働き続けられる仕事を見つけることを第一に、納得のいく仕事を見つけましょう。

 

合わせて読みたい

リクナビNEXTのグッドポイント診断とは|転職活動に役立つ活用術
リクナビNEXTのグッドポイント診断とは|転職活動に役立つ活用術

続きを見る

合わせて読みたい

面接当日に慌てる心配なし!転職活動の面接に必要な持ち物リストアイキャッチ
面接当日に慌てる心配なし!転職活動の面接に必要な持ち物リスト

続きを見る

 

-転職ノウハウ

© 2023 KANASO BLOG